▲ TOP

車購入の基礎知識

Q:3ナンバーと5ナンバーって何が違う? それぞれどういうメリットがあるの?

よく「5ナンバーサイズ」という言い方がされますが、これは日本独自の規格です。ボディサイズか排気量のどれか1つでも5ナンバーの制限(全長4700mm、全幅1700mm、全高2000mm、排気量2000cc)を超えると3ナンバー登録となります。現在では自動車税が排気量のみに比例して課税されるなど、両者の税制上の差はほとんどありません。

Q:運転に自信がなくても試乗させてもらっていいのですか?

試乗では必ずしもスピードを出す必要はなく、クルマの限界性能を試すことはご法度です。
運転感覚が自分に合うかどうかを試す、購入前の最終確認です。

Q:中古車購入時にはどんな準備や手続きが必要ですか?

基本的には駐車場と印鑑を用意すれば、あとはお金だけ。
クルマを購入、所有したことのない人は手続きがすごく面倒だと思っているかもしれませんが、実はそうでもありません。必ず必要なのは、自動車保管場所(駐車場)と印鑑(実印【印鑑登録証明書】)
未成年者の方は保護者の同意が必要なのでご注意。

Q:登録に関する必要な書類を教えて

まず、クルマ購入時には、車庫証明書と印鑑証明書、委任状です。
クルマを売却する場合は、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書(自賠責)、自動車税納税証明書、印鑑証明書、譲渡証明書、委任状です。

Q:車庫証明はとり方は簡単ですか?

車庫証明のとり方は簡単です。まずは、住所を管轄する警察署に行って申請書をもらおう。
或いは自動車屋からもらい申請します。車庫(駐車場)は自宅より半径2Km以内にあることが車庫証明取得の大前提です。申請書類は、下記の内容をご確認下さい。

1. 自動車保管場所証明申請書

これは自宅と車庫の住所と購入するクルマの寸法、型式、車体番号なども記入します。

2. 車庫の所在地、配置図を記入する用紙

車庫の所在図には自宅と車庫の位置関係や直線距離を記入します。

3. 保管場所使用承諾書

駐車場を貸し駐車場を利用している場合、家主、あるいは管理不動産に署名捺印をおしていただきます。