▲ TOP

ハイラックスの豆知識~編!

2022年4月4日


皆さんこんにちは!!

今回は、今まで弊社で多数の販売実績があるRZN152型ハイラックスの紹介をしていきたいと思います!

RZN152型ハイラックスの歴史

こちらのRZN152型ハイラックスは販売期間が1997年9月~2004年7月までのハイラックスの中だと6代目に当たるモデルになります!

その中でも、2001年8月までに作られたハイラックスが前期で、それ以降に作られたハイラックスは後期モデルとなっております!!

前期型と後期型の大きな違いはヘッドライトです!

青色のハイラックスが前期で、シルバーのハイラックスが後期となっております!

どちらのヘッドライトもカッコ良いですよね!!

前期と後期の違いはヘッドライトの他に、ボンネットの膨らみ方なども違います!(前期の方が少しシャープです♪)

ハイラックスは、トラックらしくシンプルな造りでエンジン、ミッション共に非常に頑丈に作られていますので、前期型後期型どちらを選んでも問題は無いと思います♪

 

ハイラックス購入時のチェック項目

ここまで6代目ハイラックスをざっと紹介していきました!

ハイラックスを欲しくなってきたお客様もいるかと思います(笑

そんな方向けに!!ハイラックス専門店が教える、中古ハイラックスを購入する時のチェックポイントをお伝え致します!!

①下回りの錆

これは、確認してくださるお客様沢山いらっしゃると思います!

外装の状態は非常に綺麗なのに、下回りが腐食で穴が開いているお車も良く見かけます!

ハイラックスはフレーム車なので、フレーム部分が穴が開いていると強度不足と判断され、車検に通らない場合もありますので、注意が必要です!

ハイラックスを購入する店舗で、下回りはしっかりとチェックして頂く事を推奨致します!

弊社ですと、入庫時に下回りのチェックは必ず行い、商談時でもご要望が有れば必ず下回り部分をお見せ致しますので、是非ご相談下さい!!

 

②ラジエーターの漏れ、ロアアッパーホースからの漏れ

ハイラックスで多いのが、ラジエーターからの液漏れです!

これは液漏れしてそのままにしておくと、オーバーヒートを起こして最悪エンジンブローしてしまうので必ずチェックして頂きたいところです!

確認の仕方としては、先ず目視でラジエーター付近を確認します!ラジエーターキャップの付近やロアアッパーホースの部分が白いカスなどが不自然についていたら

お店の人に確認して貰いましょう!(以前、ラジエーターから液漏れしていた可能性がある為)

白いカスが無かった時に確認して頂きたいのが、匂いです!!

ラジエーターが進行形で液漏れしていた場合、甘い匂いがします!(嘘だと思いますが本当に甘い匂いです笑)

この匂いは、エンジンをかけて少し時間が経たないと匂ってこない事がございますので、お店の人にエンジンをかけてもらい、暫く経ってからエンジンルームのラジエーター付近を確認してください!

 

③エンジンヘッドのタペットカバーパッキンからのオイル漏れ

こちらも152型ハイラックスでは割と多い事例なのですが、エンジンヘッドの部分からオイル漏れをしている個体がかなりございます!

こちらはボンネットを開けて頂き、エンジンヘッドの下あたりを見て頂いたら、エンジンオイル漏れしているかどうかは分かります!

これはエンジンヘッドのタペットカバーパッキンを変える事で治ってくれる場合がほとんどです!

 

④スピードメーター針の揺れ

正直、このスピードメーターケーブルの揺れはほとんどのハイラックスで確認出来るくらい多い事例です!

症状としては、走り出してすぐわかるのですが、スピードメーター針が凄い揺れるんですよね!

そして、メーターあたりからシャカシャカと異音が鳴ってきます!

こちらは走行には特別問題は無いのですが、走行中目に付くところでもありますし、直しておきたい部分ですよね笑

この症状は、実際に試乗をしてみないと確認出来ない部分にはなってきますので、可能であれば試乗をして頂き、試乗が出来ない場合は直接お店の人に確認してみてください!

この症状は、スピードメーターケーブルという部品を交換して頂ければ問題なく治ります!

 

⑤後部座席サイドガラスのヒンジ折れ

ハイラックスEXTキャブは2ドアタイプのお車なのですが、後部座席のサイドガラスも少しだけ開閉可能となっております!

152型ハイラックスあるあるなのですが、ここのヒンジが強度が強くなく、折れてしまっている個体がかなり多いです!

なので、お車現車確認して頂くときに、サイドガラスのヒンジ折れもチェックして頂く事をお勧めします!

 

⑥シフトのガタつき

シフト系のトラブルですが、シフトノブのガタつきが挙げられます!

こちらは、実際にシフトノブを触って頂ければわかるのですが、中のカラーが割れているとかなりガタつきがございます!

これは、シフトノブの中のカラーを変えて頂ければ治る症状なので、現車確認の時にシフトもご確認下さい!!

 

ここまでざっとトラブル点を紹介させて頂きました!

152型ハイラックスは年式も少し古めのお車になってくるので、ほとんどの中古車でどれかしらの故障はしていると思います!

購入した後に、気づいて直すよりも購入する前から確認して頂き、ご納車前に直して頂く方がお金もかからないので、現車確認はして頂きたい車種となっております!

弊社の場合、ハイラックス安心整備パックというタペットカバーパッキン、ラジエータをASSY交換するパック(75,000円)もございますので、弊社でハイラックスをご購入して頂ける場合は、パックも同時に入って頂ければと思います!

 

ジャッツハイラックス在庫車紹介

最後になりますが、現在弊社で在庫として置いてあるハイラックスをご紹介致します!

①H15年式トヨタハイラックスEXTキャブ 

走行距離:12.6万Km

ミッション:4速AT

修復歴:無し

ボディ色:ブラック

車両本体価格:175万円

 

②H15年式トヨタハイラックスEXTキャブ

走行距離:17.3万Km

ミッション:4速AT

修復歴:無し

ボディ色:シルバー

車両本体価格:129万円

 

③H14年式トヨタハイラックスEXTキャブ

走行距離:15.8万Km

ミッション:4速AT

修復歴:有り

ボディ色:ブラウン

車両本体価格:159万円

 

これ以外にもネットに載っていないハイラックスの在庫もございますので、是非ジャッツ湘南茅ヶ崎店までご相談下さい!!

ここまで見て頂き誠にありがとうございました!!

店舗案内


ジャッツ湘南茅ケ崎店ジャッツ湘南茅ケ崎店

〒253-0012 
神奈川県茅ヶ崎市小和田3丁目12-40
TEL:0467-53-3000/ FAX:0467-50-2100
Email: info@jats.co.jp
営業時間:10:00-19:00 
定休日:水曜日

最新中古車在庫

最新の在庫状況は、 カーセンサー もしくは グーネットまで!