▲ TOP

スカイライン グレードの違いや中古車相場の見分け方

2019年6月14日


スカイライン専門店のジャッツが、スカイラインを購入しようかなと検討しているお客様に、グレードや中古車価格相場などの見分け方を解説!

①V36型スカイラインクーペとは

V35スカイラインの後継として開発された車で、2007年から2016年まで販売された日産のスポーツクーペ。先代はVQ35というエンジンを搭載していましたが、V36クーペからはVQ37という200CC排気量がアップした、3.7Lエンジンを積んでいます。

パワーも280馬力から333馬力に大幅にアップ。前期型だと5速ATですが、後期型になると7速ATになり燃費も良くなります。
前期型、後期型の大まかな区別は、2007年から2008年まで販売されていた車両が前期、2008年から2016年まで販売されていたのが後期になります。

前期型は現在大変お求めやすい価格でお出し出来ます!
後期型は程度の良いものになるとまだまだ200万を超えてきますので、2019年現在は、やはり前期型が狙い目です!エンジンの耐久性が高いので、しっかりとオイル交換等のメンテナンスをすれば長くお乗り頂けるお車です。

トランクはトランクスルー型。後部座席とトランクの仕切りが無くなるので、長い荷物もOKと積載力はクーペの中でもかなり高めなのもポイント。画面左上のレバーを引っ張ると、仕切りが前に倒れます。

②グレードについて

スカイラインクーペは基本的に4つのグレードに分かれています。

(1)ベースグレード

一番ベースになってくるグレードですが、他のグレードと比べたら劣るのかと言うと全くそうではなく、ピークパワーはしっかり333馬力。かつ安価な分、カスタムベースとして根強い人気を誇っています。

こちらは後期型のベースグレードの内装。ちなみに後期型から地デジ対応ナビになりますので、TVも見れるようになります。(前期型はアナログしか拾ってこないので、地デジチューナー等を買わなければTVが見れません、、、)

(2)タイプPグレード

こちらはプレミアムの名の通り快適装備が装着されているグレードです。シートヒーター、シートメモリー、本革シート等が装着。このグレードはV36スカイラインクーペの中では比較的人気のないグレードになりますので、お求めやすい価格が魅力。

 

センターコンソール部にシートヒーターのスイッチがあり、シートもレザーなので高級感があります。

(3)タイプSグレード

スポーツ系の装備が装着されているグレードです。パドルシフト・アルミ製対向4PODキャリパー・ビスカスLSD等、走ることを楽しくさせてくれる装備が入っています。

333馬力の大排気量自然吸気エンジンは、パドルシフトかマニュアルで操作したい!と思われる方が多く、ジャッツのスカイラインの中でもかなり人気のグレードです。ちなみにマニュアルの設定があるのは、タイプSかタイプSPの2つのグレードになります。

 

サーキット等に行ってみたい!ワインディングを楽しみたい!という方にお勧めのグレードです。マニュアルのV36スカイラインクーペは数も少ないですので、その分見つけたらすぐに購入を検討することをお勧めします!

3.7リッターのスポーツカーのマニュアル操作は本当に面白いです!

(4)タイプSPグレード

こちらは今まで紹介したグレードの全ての装備が入っている最上級グレードになります。ラグジュアリーとスポーティーが両立したグレードで、一番人気のグレードになります。
販売価格も全グレードの中では一番高いですが、前期型ですとお求めやすい価格なのでお勧めです!

 

パドルシフト・シートヒーター・シートメモリー等今まで紹介した装備が全て入っていおり、最高峰のV36型スカイラインクーペを乗りたい方にお勧めです!

いかがでしたか?スカイライン選びに困ったら専門店のジャッツにお気軽にご相談下さい!

ジャッツはスカイライン・キューブ・86の3車種を中心に取り扱っております。スカイラインの在庫は常時大量展示。多種多様のグレードを取り揃えてお待ちしております。

スポーツカーで走り続けて3年 林がお送りしました!

 

最新在庫

スカイラインが気になった方は・・・最新の在庫状況を カーセンサー もしくは グーネットでチェック!幅広い在庫をご用意してお待ちしております!

 

店舗案内

jats-tomei (9)ジャッツ東名横浜店
JATS TOMEI YOKOHAMA 
〒252-0203 
神奈川県相模原市中央区東淵野辺5丁目1-10 
TEL:042-753-3030/ FAX:042-753-3322 
Email: info@jats.co.jp 営業時間:10:00-19:00