▲ TOP

平塚市在住S様 ナビゲーターエアサス修理持ち込み依頼

2007年5月10日


R0011247_1.JPG

ナビゲーターのエアサス修理依頼を預かりました。まずはリフトで上げて確認。

R0011246_1.JPG

電磁弁が不動との事で通電には異常が見られなかったので、電磁弁をバラしてみたら、なんと中のシャフトが

サビだらけでスプリングが固着していました。

R0011245_1.JPG

まさかと思いタンクのドレンを外してみたら、サビの溜まり場でした。こうなるとタンクは交換です。

スチール製タンクを使用してる方は要チェック。

R0011249_1.JPG

エアバッグの取付け方も8mmの平板にブラケットの根元のみに補強を入れていて、そのうち曲がるか、折れるか

になりそうなので、ここも修理の対象です。(すでに左側は曲り始めています)

おそらくエアサスつきで輸入されたものを購入されたのだと考えられます。

エアサスが不動になって半年も放置していたそうです。

当社ではこういった修理は現車をお客様と一緒に確認し、どこの部分がダメで、この部品に交換や、これは

使えるからそのまま使用するなど修理前に見積りを発行してからの作業になります。

そのほうがお客様も何をどう変えたのかわかいやすいので、安心していただけると当社は考えております。